記事のアウトライン番号をCSSで上手に処理しているサイト

商標系の情報をしらべていて下記ページを発見
他社商標をメタタグ・タイトルタグに使用することの問題点とは

上手にまとまっているな〜と思いながら読んでいました。アウトラインがしっかりしているなと。

コンテンツページを作るときに、記事のアウトラインを組立っていくというのは王道なやり方です。アウトラインがh2やh3といった見出しとなるのが一般的。h2やh3のような見出しはSEO的も重要なポイント。アウトラインは、アウトライン番号(1、1.1、1.1.1、…)が付いていたほうが、より分かりやすい。

さて、SEO的な目線でいうと、見出しのテキストも左側(左から右ような日本語の場合ね)の文字のほうが重要度が高いとされています。なので、アウトライン番号(1、1.1、1.1.1、…)をテキスト化してしまうのはSEO的にロスがあると考えます。

理想:月曜日について
ロス:1.1 月曜日について

このページが上手だなと思ったのは、アウトライン番号をCSS側で処理させているところ。

赤枠のところね。説明が難しいんだけど、SEO従事者だと「これいいね」って共感してもらえるはず。

WordPressのプラグインで、見出しから目次を出力するものは見るけど、アウトライン番号を出力できるか?って目線で見たこと無かったな〜。今度探してみよう。

岡山出身、1977年生まれ、現在広島在住のマーケターです。ネット広告、EC、アドテク、マーケツール、健康、ハピネスなどに興味があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA