Perpetua(パーペチュア)メモ

Amazon広告の自動入札ツール、Perpetua(パーペチュア)のメモ

  • 最初の入札設定はジェネリックターゲティングを使う
  • 販売実績のある商品は、ジェネリックターゲティングを選んだ時点で目安ACoSが出るので、その値もしくは+5ポイント程度で設定する。
  • 販売実績の無い商品は、目標ACoS:100〜150程度で設定する ※低すぎると学習期間が終わらない
  • 学習期間が終わったかどうかの判定は、過去30日レポートにおいてTarget ACoS > Total ACoS になっている状況

アドバンスターゲティングの「競合」に登録するキーワード

  • 競合他社のブランド名
  • 競合他社の商品名
  • 競合他社のASIN

稼働2週間目程度ですが、日々の入札単価変更の履歴なんかを見ていると、とても手作業では対応できないような処理が毎日行われている。期待している。

ジェネリックターゲティングでしばらく運用後の次のステップ

ブランドターゲティングの設定

ジェネリックターゲティングでしばらく運用していると、管理画面では以下のような感じでレポートが出てくる。

ジェネリック設定は、要はオートみたいなものなので、「このキーワードはブランドキーワードである」と設定しているわけではない。ただ、しらばく運用することで、ショップ名やショップのASIN情報から、ブランドキーワードを認識しているらしく、上記のように一定のキーワードやASINの検索が「ブランド」というセグメントに仕分けされる。これをしっかり指定してあげる作業が「ブランドターゲティング」の設定である。

ブランドターゲティングを設定していない場合、ブランドキーワードも一般キーワードと同じような入札調整されるみたい。一般ワードの平均入札が100円の場合、ブランドキーワードでも100円入札がかかるようなイメージ。これをちゃんと区別し、ブランドキーワードでの高額入札を防ぐのが目的。設定は、ブランドキーワードの入札単価を設定するのではなく、目標ACoSを設定する形になる。結果的にブランドキーワードでの入札単価が下がってくる仕組み。

設定例のメモを残しとく

  • レポートの期間を30日(ある程度長くって理解)に設定
  • セグメント > ブランド に入ってブランドに仕分けされてるキーワードリストの画面を出す
  • レポートダウンロードボタンがあるのでダウンロードする
  • レポートにはASINも含まれているのでASIN除外し、ブランドキーワードのリストを確認。及び、ACoSの実績値を確認
  • ブランドターゲティング設定で、キーワードリストのキーワードを登録、及び目標ACoSを設定する

Google広告とyoutubeアカウントの連携メモ

Google広告からYou Tubeチャンネルを紐付けるとき、すんなりいかない。まずはここでブランドアカウントに対象チャンネルがあるかどうか確認

ブランドアカウント

ないから困ってるのよ。単にチャンネルへの権限をもらっただけでは、ブランドアカウント一覧にチャンネルが表示されません。

どうやら、youtubeチャンネルを作った段階では、youtubeチャンネル名≒Googleアカウント名みたいな関係性になってるようです。You Tubeチャンネルのチャンネル名を変更したら、Googleアカウントの名前もそのチャネル名になってしまう、そんな関係。

リダイレクトテスト

ステップ1:AとBを兄弟ページで設定
ステップ2:AページからBページにリンクする
ステップ3:Bページの階層を変更する

ステップ2で保存したBページへのリンク(URLが変わっている)はどうなるか?
→Aページ内のリンクURLはステップ2で設定したままのURLだが、クリックすると階層付きURLにリダイレクトされちゃんと表示された(https://fukuoka.info/article/eae27d77/69adc1e1)

ここでの懸念

階層が深くなっていったときに上のようなURLで続いていくのはちょっと違うな。。。やはりページごとにユニークなパーマリンクを設定するべきか?